More from: 捨てることの大切さ

8-10 自己肯定で自分相応を

   

   

   

ごきげんよう(‘◇’)ゞ

  

  

  

魂のメンター、えりこです(*^^*)

  

  

  

引っ越しの前日からずっと続いている腰痛(;^ω^)

   

   

   

その対策にと去年の夏からストレッチのお店に

通っていたけれど、こんな痛みがでてしまい、

   

でも今度は新居の目と鼻の先にあるスポーツジムに

通ってみることにしました。

   

   

   

実は、ジム入会の理由、

腰痛対策だけでなく

もう1つあるんですよ・・・(^▽^;)

   

   

   

コロナの流行でそれまでの頻度で

人に会わなくなり、

人前に出ることがすっかり減ったことを理由に

食べるものに遠慮がなくなっていきました(;・∀・)

   

   

   

正直、16歳、17歳くらいから

ず~っとダイエッターだった私は、

妊娠中以外の時に

ちょっとでも太るととにかく自分が嫌になってしまい、

何もかもが投げやりになる傾向がずっとありました。

   

   

   

まさに、「条件付けの自己肯定」です(~_~;)

   

   

   

自分に対する言い訳のように感じてしまったり、

自己管理出来てないようで、

自分を責めたり、人からの評価が気になったりと、

太ることに対して異常なほど、神経質でした。

   

   

   

どこかで分かっちゃいるんですよ、

私が太ろうと痩せようと、

世の中はまったく変わらないし、

私の周囲の人たちの

私を見る目だって変わるわけじゃない、

    

極論を言えば、

私の体重の1~2キロの増減なんて

誰も気付かないし、誰にとってもどうでも良いこと。

  

  

   

お酒も美味しいものも大好きで、

宴席も集まりも欠席する事なんてないほど好きなのに、

命の根源である「食べること」に対して

罪悪感を持っているという

矛盾した自分のことを何とかしたいと

ずっと思っていたのがホントのところです。

   

   

   

そこで今回、

人にあまり会わなくなったのを機に

自分の中の矛盾を何とかしようと

取り組んでいたこの半年・・・

   

   

   

さっき書いたように、

ずっと控えていた炭水化物などの糖質やワイン、ビールなど、

量や回数はほんの少しだけ遠慮しながらでしたが、

自分の好きなタイミングで摂るようになると

もちろん体重は見事に増えていきました(~_~;)

   

   

   

でも以前のように、

体重が増えた自分に嫌悪感を感じることがなく、

自分でも不思議なほど、

罪悪感を持つことがなくなっていったんです。

   

   

   

もう私にとっては、奇跡みたいな話です。

   

   

      

例え太り気味でも、多少醜くても、

それを理由に自分を否定する必要はないんだと

理屈や表面上ではなく、

心底、腑に落とすことが出来た今回の経験と、

自分をいたずらに責める習慣がなくなったことによる

心の軽さを味わえたことは、

言葉に表現するのが難しいくらい感動です( ;∀;)

  

   

   

だからね、

今度はやみくもに痩せるためでなく、

まずは健康を維持するため、

そして、自分の体を自分で管理する力を身に着けるために

ジムに通おうって決めたんです。

   

   

   

だた痩せればいい訳じゃなく、

一時期だけの完成品の肉体を見れればよい訳じゃなく、と、

これまでとはまったく違う目的を持つことが出来ているので、

運動に向かう気持ちが全然違うんですよ。

   

   

   

運動が苦しい、面倒とは僅かも思うことなく、

楽しいものに確実に変わってます(*´ω`*)

  

   

   

もともと運動は嫌いじゃないし、

始めれば習慣化するのは早いのですが、

コロナを理由に東京では必要以上に

外に出ないということも徹底していたので、

この半年は確実に運動から遠のいていましたからね。

   

   

    

確実にひたひたと歩み寄っている肉体の衰えや

感じていながら対処していない運動不足、

目に見えて落ちていっている基礎代謝量、体力、

このまま何もしなければ、

これらにはどんどん拍車がかかるだけでしょうから、

ここだけは流れに任せることなく、

抗ってみようと思います(*^^*)

   

   

   

年相応でなく

自分相応のファッションや個性、

自分をごまかさず、気持ちに正直に生きるために、

     

根っこの深いところにあった条件付けの自己肯定を

2020年中に、しっかり卒業できたことに

何に感謝したら良いか分からないくらい

感謝してます(*ノωノ)

   

   

   

過ぎてみて思う、

自分を否定していたり、

罪悪感を持っていたり、

責めるクセ、許せない習慣、

これらを持って生きている時は

本当に苦しい・・・

    

    

    

今年も、これからも、

そんな苦しみの渦中にいる人の力になると

自分自身が1つ1つ自己否定を卒業していきながら

思いを強くしています。

   

    

    

どんな人も無条件で

自分を愛せますように・・・

  

  

  



全ては在るがまま

       

     

あなたの存在も

       

    

在るがまま

       

        

   

    

    

       

それだけで、

     

        

               

オールOK!!!

      

      

              

今日もたくさんの愛が

あなたの上にあふれています。

          

           

                 

コウテイ術で、

どんな自分も肯定し受け容れ、

人にも自分にも優しい人間になろう♪

      

       

コウテイ術】       

https://www.ktj.link/