More from: 救いの手

3-11 自然の力を借りて

 

 

こんにちは。

魂のメンター、媛厘子です。

 

 

先月29日に

羊蹄山に登山した後の

恐ろしいほどの筋肉痛から

未だに解放されない私だけど・・・

 

昨日も洞爺湖まで行った際、

道中、

ずっと羊蹄山を目にしていると

 

今までとは

明らかに印象が違う。

 

愛おしさが増してる、

というか、

 

羊蹄山は

私のもの♡

 

という感じ(笑)

 

 

img_9319

 

 

 

 

羊蹄山の山道を

一歩一歩踏みしめながら

ほんとーに色々なことが

頭をよぎったけど、

 

大自然の、

想像を絶する完璧さを

感じながら

想像を絶する

でっかい器の中にいると、

 

やっぱり人も

あるがままでいいんだなぁって

強烈に感じて。

 

 

人はどうして

山に登るのか?

 

それは

そこに山があるからだ

 

なんて名言もあるけど、

 

山は、

元来、動物である人間が

素の自分に帰れる場所であり、

 

人生を感じられる場所であり、

 

登山の成功は

自分自身を征服できたと

感じられるからであり・・・・

 

なんてことを色々思いながら。

 

 

人は人を罰せず、

人は人をジャッジせず、

 

人は人を認め、

人は人を信じ、

 

人は愛で満たされる。

 

 

そう在ることが

出来るための基本は、

 

 

自分を愛していること

 

自分を信じていること

 

自分を肯定していること

 

 

そんな自分で在りたくて、

人は山に登るのかもしれない・・・

 

 

山は

『あるがままでいい』

ということを

教えてくれる。

 

そこにただ『在る』だけで

素晴らしいのだと

教えてくれる。

 

それは

人間も例外ではないと

教えてくれる。

 

 

 

不安でいっぱいになったら、

 

恐怖で身体が震えたら、

 

悲しくて

涙が止まらなくなったら、

 

みじめで

消えてしまいたくなったら、

 

 

自然に触れてみて。

 

 

あなたは

そのままで

あるがままでいいんだよと、

きっと

優しく包んでくれるから。

 

 

img_9314

 

 

 

今日も、

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

 

全ては在るがまま、

 

あなたの存在も

在るがまま。

 

 

それだけで、

オールOK!!!

 

今日もたくさんの愛が

あなたの上にあふれています。

 

 

コウテイ術で今度こそ、

自分自身の価値に気付こう!

http://www.ktj.link